スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池田城の戦略的価値

池田城跡公園 池田城
池田勝正を池田城から追放した荒木村重は、その居城を池田城から伊丹城に移しますが、これには池田の地理的な特徴が大きく影響しているのではないかと考えられています。

伊丹という土地は西摂津平野の中心に位置しており、当時の幹線道でもあった西国街道にも隣接し、しかも比較的大阪湾にも近い位置にあります。この点、池田は西国街道からは離れていますし、西摂津平野の中では、大阪湾から離れた位置にあります。

村重はその配下の武将たちにつき、摂津国の東端の高槻城に高山右近、茨木城に中川清秀、尼崎城には嫡子村次、西端の花隈城に荒木村正という布陣で配置しています。

伊丹という土地の地理的条件と、これらの武将の配置をあわせて考えると、安土に陣を構える織田信長をけん制し、海上ルートを通じて信長と敵対関係にあった毛利氏と連携しようとしていたものと見られます。

後に「摂津守」の地位を任されるなど、信長からの信任を勝ち得ていた村重ですが、実は村重は信長を危険人物と考えており、その後の信長との関係を考慮し、摂津の防御のために伊丹に移ったのではないかと考える向きもあります。しかし、一連の事情を考慮すると、こうした話もかなり説得的なものに思えてきます。

それにしても、池田城の乗っ取りに成功した荒木村重という人物は、相当な策士のようですね。その頭の回転のはやさと政治力には、織田信長もまた、深く感服していたのではないでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。